happy♪

サーフスリー定休日の今日は、とあるポイントにお邪魔しました。
15年くらい前にBBで入って、「テイクオフすらできない」と悪いイメージのままだったポイントです。
いつかその悪いイメージを拭い去りたいと思っていて、チャンスがあるとすれば息子達が入るときだろうなって思っていました。
息子達が入っているというだけで、何となくですがしっかりせねばと思うもので、入れるような気がしていたんですね。
昨日よりサイズもダウンし、人も少なめだったので家族で入りました。
あのときの悪いイメージは拭えるのか??
テイクオフすらできないイメージだったのでドキドキしましたが、やっぱりこんな私でも少しは成長したんですね。テイクオフはできました(低すぎるレベル(笑))。
テイクオフのポジションがなかなか慣れないながら、何本かダメなりに走れる波もあり満足♪
昨日これよりもサイズがあるときに初トライを済ませていた次男坊は余裕の様子で、自分のポジションを見つけて何本も乗っていました。
昨日を逃した長男と私は、「昨日やったらやばかったねー。この波で良かったねー。」とイヒヒ♪と笑いつつ、長男が乗るのを見ると、母も背中を押されるような気持ちになるのでした。

15年ずっとかたくなに無理だと思っていた場所に、息子達のおかげで(もちろん三木のおかげが一番ですが)入ることができました。
ずっと海の外から見ていた景色を、中から実際に見て、ローカルの方々の華麗なテイクオフを眺め、息子達が乗るのを目の前で眺め、自分も乗って…その光景に、なんだか幸せ過ぎてちょっぴり泣きそうでした。
そんなにサイズがあったわけでは無いし、これからはガンガン行けますよってわけでももちろんないし、チャレンジと呼べるほど大したことではないけれど、私にとって、今日はひっそりと、小さな記念日となりました。

こう言ったポイントで、家族の引率するのは絶対に、絶対に面倒なはずなのに、
全く気にもせず、家族を海へと引っ張ってくれた三木に心から感謝。
少しは優しくしてあげなくちゃですね(笑)。

お邪魔するといつも結構な確率でお会いするTさん夫妻ともやっぱり会えて、変わらぬ温かな笑顔ですごーーーく癒されました。

個人的な話なので、フェイスブックの方にとも思ったのですが、Tさんの奥様が、ブログを見てくださっていると、会うといつも話してくださるので、こちらに記録してみました。(いつも優しく声かけして下さりありがとうございます!)

追記:記念に撮った写真、真ん中の次男坊は実ははいていません。当ててるだけ(笑)

 

 

 

 

 

広告